三十代の体調管理は難しい……

未分類

三十代って、厄年の宝庫ですけど、それって生物学的にいっても当たり前なのかもしれないです。
単純に、体力衰えてきているんだと思うんです。
わたしは三十代になって、いろんな形で体調崩しましたが、中でも最も困ったのが婦人科系。
やけに生理前後に具合悪くなるようになって。
それで、自分なりのPMSの改善方法についてそろそろ見つけておかないとなあと思ったわけです。

まだまだ模索中ですが、効果があったいくつか方法を載せてみます。もし同じようにPMSに困っている方は参考にしてみてくださいね。

①カフェイン摂取を極力控える。
②お風呂に一日二回朝晩と浸かる。
③なるべくゆっくり過ごす。
④刺激物を食べないようにする。
⑤好きな音楽を聴く。
⑥あたたかいノンカフェイン(ハーブティー)のものを飲む。
⑦読書やブログ執筆など好きなことをやる。

実は、かなりたくさんの方法を試していることがわかると思います。
心理学の面からも、対処法というのはなるべくたくさん用意しておくのがいいらしいです。これ、コーピングと言います。
これだけの方法をすべて、なんとなくたらたらと実施すると、なんとなーくPMS緩和されるかも、と思っています。
PMSとハーブティーについてはこちらから。

実際生理がきてしまえば、少し痛みや気持ちわるさってひきますけれど、生理中もなるべく、対処法を続けていくと、生理痛まで緩和されますよ。
できれば日々、なるべく体を冷やさないようにして、無理をしないようにする日をつくったりすると、PMSはあまりひどくならないように思います。

女性は冷えが大敵ですので、気温の低さにそなえることもそうですが、あまり気持ちのよくない緊張感が続くような環境にはなるべき行かない方がいいと思います。緊張感って、体をすごく冷やすんですよね。
とにもかくにも、心身ともに、無理せずゆっくりしましょう。