中途覚醒という言葉で聞くとポジティブですが。。

未分類

いつの頃からでしょうか、夜中、しかも必ず4時35分になると不眠症の目が覚めてしまうという症状が出ました。なんかストレスとかでなるって聞いていましたが、毎晩同じ時間ですと、その直前に大きな音があったり、揺れがあったりするのではないかと疑問に思ったこともあります。そして、寝る時間を変えてみたり、起きる時間、目覚ましの時間も少し変えてみたりとしたのですが、結局、一度目が覚める時間は同じ。長い間続くようになったので、半分は慣れてしまったのも事実なのですが、いろいろと調べてみました。

そうすると、「中途覚醒」という言葉が出てきました。「眠りに落ちても途中で目が覚めてしまう症状のこと」まさに私の事を言っているようでした。この症状があると、十分な睡眠が取れないために体に必要な休息が取れず、疲れやすくなるとありますが、改善策がなかなか出ていません。

いろいろな中途覚醒からの脱し方を調べてみました。やはり一番はストレスを貯めないことのようです。とはいっても、ストレスが全く無くなるようなことはありえないはずです。ではストレスに強くなる、ストレス解消法を知ると言われ、考えてもみますが、そもそもそんなこと、すぐにはできないはずです。最近知った中途覚醒のサプリなんかを試してみようと思います。

いろいろ精神的な対策ばかり多い中で、肉体的な対策を記載しているのがありましたので、それを実践しています。「血糖値を安定させる」「きちんと運動をする」「タンパク質を摂る」つまり、食生活を正しく、そして一定の運動をする。この方法が最善策というのです。これが以前からすべてできていれば問題ないのですが、そんな健康人でもありません。徐々に直していこうと気楽に考えるようにしていきます。