公衆電話はどこへ?

未分類

いま携帯電話を持っている人が大半な世の中ですよね。

そのため何が私たちの周りからなくなったというと…
そう!!!公衆電話です。

電話ボックスを探すなんてなかなか不可能ですしコンビニに行ってもないところがほとんどです。
駅でさえ本当に数個あるかないか状態です。
イオンなど大きいショッピングセンターの中にはあったりもします。

ただそれで本当にいいのでしょうか?
公衆電話には緊急ボタンもありますがこんな状態では緊急な状態に電話自体を見つけられません。
救急車を呼ぶ前に急病人は助からなくなってしまうでしょう。

みんな携帯を使えばいいと言ってきますがガラケーからスマホに変わった今アプリばかりを使ってしまいます。
アプリではもちろんゲームばかりしてしまいます。
そのほかにもフェイスブックやインスタも大好きです。
アプリほど携帯の充電を消費することはないでしょう。
そう、何が言いたいかというといざ本当に電話をかけたいと思ったときに携帯を取り出しても充電が切れていることが多々あります。
そんな時に公衆電話を探します。
そして見つかることはなかなかないという現実です。

ようやくに見つかったと思ってもテレフォンカードしか使えない公衆電話もあります。
その時のショックは計り知れません。
今時テレフォンカードなんて持っていませんよね。

私は最終的に携帯の電源が切れてしまったら近くにいる人に携帯を借りる手段にでます。
いままでに5回ほど聞いたことがありますが断られたことはありません。

まあ、充電器を持ち歩けって話なんですけどね…