崖の上の お稲荷さん

未分類

佐久へ買い出しやお蕎麦を食べに行く時などに
その前を通っては いつかお参り行きたいと思っていた神社がありました。
やっと昨日そこにお参りすることができました。

川岸の崖の上に建てられた懸崖作りの赤い神社です。
お参りするまで知らなかったのですが
この神社は鼻顔稲荷という なんと日本五大稲荷の一つに数えられる
お稲荷さんの神社だとか。

いくつもの赤い鳥居をくぐって
崖の際に作られた女坂という階段を上っていくと 本殿前にでます。

見上げるような稲荷の眷属 お狐さまが迎えてくれました。

シュッとしてカッコ良いお狐様です。
巻物くわえた狐さんの方は足元に可愛い子狐さんもいます。

本殿は赤い格子の向こうなのですが
その隙間からちょっと失礼させていただきました。

御社は岩の中にめり込んだ形でつくられています。
ちょっと背筋がざわつく感じ。

お参りの後そのわきにある社務所のおばあちゃんのお話を
かなり長い事聞かせていただきました。
神社のいわれやお祭りの様子など。

お祭りの日には何百人もの人がここにお参りに来るとのことですが
崖の上 半分は空中に作られたこの建物
私と主人が歩くだけでもちょっとミシッときしんでいます。
ここのそんなに多くの人が乗って この床落ちないかしら
なんて心配になってきます。

このおばあちゃんなんと94歳
お稲荷様のお蔭で風邪を引いたこともなく
今でも自分で車を運転しているのだとか。

主人と二人でそのおばあちゃんお勧めの
喜常(常に喜びをもたらします)とかかれた稲荷守をおそろいでいただきました。
仲のよさそうな狐さんです。