私だけかな?

未分類

毎月の生理、これが負担でした。なにしろ痛みがキツイのです。生理が来るなとわかるのは数日前にお腹がつるような感じになり、それから眠気がいつもより増します。あれっと思っていると、最初の出血が少しあり、それを合図に生理が本格的になります。一日目は軽く過ぎます。大変なのは二日目。ドバッという感じに出血し、痛みが襲ってきます。

そうなる前に薬を飲まなくてはいけません。薬はすぐには効かないからです。逆算して飲む時間を決めます。そうしないと、仕事に支障がでるので薬は手離すことはできませんでした。飲むと決まって眠くなるので、運転するときは要注意ですね。生理前にも眠くなり、生理中にも薬で眠くなるので、生理はわたしにとっては眠気との闘いのような気もします。

生理前に眠くなったり、だるくなるのは、身体が休みなさいと言ってくれているのかなと思います。生理があるということは、結婚している女性であれば、今回も子供が出来なかったという証拠になります。子供を望んでいる人にとっては、生理が来た、今回も子供が出来なかった…。と絶望的な気持ちになるのだそうです。

確かに、子供を強く望んでいるのに、毎月その証拠を見せつけられるのですから、絶望的な気持ちになるのも無理ないことです。そんな女性を労わるように、生理前には身体が「少し休んでね」と言ってるような気がしないでもありません。子供を生める特権が生かせないという悲しさを、生理前に眠くなることで少し和らげてくれるように、「休んでね」と労わってくれる。そんな気がしてなりません。